CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
yahoo!ニュース
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

森くん(仮)

ブログの女王と呼ばれるその日まで。
地道にコツコツ更新していきましょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
遅くなりましたが、名古屋ベタ巡りツアーその2 7月6日
さてさて・・・
1日目の記事がこのひとつ前にありますので、
まだ見てない方は、そちらも併せてご覧になることをオススメします。

というわけで、前日は名古屋東急ホテルにお泊りして、二日目スタート。
名古屋にきたらここは行かんとあかんやろってことで・・・

◎名古屋城

ここではいっしょに行った友人と、道行くおじいちゃんに写真を撮ってもらいました。
しかし・・・!
肝心の金シャチが切れています!!!
ま、そんなところも旅の醍醐味よね〜。
なんかスーツきた兄ちゃんとかいたけど・・・出張中の息抜きかな。

さくっと切り上げて(暑い!)次は昔の建物が移築されて残っているという明治村へ。

◎明治村入り口

平日の午後ということもあって?
昨日の東山動物園に引き続き人が少ない。

◎90年ほど前に京都市内を走っていた、市電

村内はSLや市電が走っている。
とてものんびりした速度。
外はめちゃくちゃ暑いのに、これに乗ると風通しがよいせいかとても涼しい。
森の中を通ると、一気に空気が変わる。これがうわさのマイナスイオンなのか。
3台残っているうちの2台が明治村に、残る1台は京都の梅小路にあるそうな。

◎宇治山田郵便局

ここでは、10年後に指定した住所に手紙を送ってくれる
『はあとふるレター』というサービスがあります。
恥ずかしながら、友人とお互いに手紙を書きあってみたり。
10年後ねぇ・・・35歳ですな。

◎ザビエル天主堂

元は京都市中京区にあった建物らしいですよ。

◎明治村内部。

閉園後、出口に向かっているときに撮影。
ハイカラ写真館は、暑かったので断念。
矢絣が着たかったのです。

◎ななちゃん

名古屋には何度かきていますが、初めて見ました。へんな顔〜!

| 旅行好きです。 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(2) | |
名古屋ベタ巡りツアー その一 7月5日
長年の友人と、名古屋に一泊旅行〜ぴかぴか
ベタ巡りしようと決めていたので、超有名観光地だけ巡ってきました。
梅雨の合間のおてんきに恵まれたので、ルンルン嬉しいで出発です。

◎名古屋テレビ塔



栄に着いたら、まず目に付くのがこれ。
ザ観光地!って感じが楽しめます(そのわりに写真に撮り忘れそうになった)
しかし、夜景を見るためここでは前を通り過ぎるのみ。
ここのキャラクターは、ポータンっていうんですよ。

◎矢場とん豚



みそカツの有名店。ヒレカツ丼をいただきました。
ここは、暖簾から、いすの背もたれから、店員さんのTシャツから、
丼から、その他いろいろブタちゃんがついていてカワイイのです。
Tシャツは販売もしていて、買うかどうしようか迷いに迷って、結局次の日に買いにきたのでした・・・
栄のラシック店にて。

◎東山動物園





ここで一番楽しんだのは象さんでした・・・・18枚も写真撮ってたよ〜。
が、いっしょに行った友人が写真を上げているので、私はらくださんで勝負。
平日に行ったせいもあり?人がまばらでしたが、その分のんびり楽しめました。
途中、片方が制服きた学生カップルとすれ違い、友人と二人して
『あこがれるよね〜制服デートって』と、もう戻れない青春を嘆くのでありました・・・

◎栄のPARCO裏にある、カフェ。



オープンテラスなのに、目隠しもちゃんとしてて過ごしやすい。
地元にもこんなしゃれた店があればいいのに・・・疲れたので一休み。

◎世界の山ちゃん 伏見錦通り店



ここは名物の手羽先を。
こしょうがきいてて、辛いけど、美味。ビール好きな人には◎でしょう。
しかし、お箸の袋の後ろに書いてあった食べ方は、出来ませんでした・・・
そんなにうまく身が取れないよ〜しょんぼり

◎夜のテレビ塔



閉館直前に滑り込みセーフ!
特別夜景がきれいって訳じゃないけど、名所に入れればそれでいいのだ!
結構高所が怖い方なので、若干嫌な汗を(友人にはこっそり)かきました・・・

今夜は、名古屋東急ホテルで一泊するよ!
想像以上にハイクラスなホテルでドキドキしてしまいましたとさ。
結構くたびれてたようで、ドキドキガールズトークもせぬまま寝てしまったよ。
すまんかった。
| 旅行好きです。 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(1) | |
琴平に行ってきましたん。
写真はこの記事の一個前に纏めて掲載しております。
あわせてお楽しみください。


さて、このメンバーで行くのは初めてかな。
友人TとYとわたしで、こんぴらさんへ行ってまいりました。

今回の旅は、Yにすべてをお任せちゃん。
正直言って、何県に行くのかも、ぎりぎりまでわかっていなかったよ・・・。

8時30分に新大阪集合。
若干集合にあたふたしたものの、無事出発。
こんぴらさんのある琴平へは、新幹線で岡山まで行って、そこから特急に乗り換え。
何度乗っても、ひかりレールスターは大好きだし、
『特急 南風』は、瀬戸内海を電車で渡れてしまうし、興奮いたしました。
大阪からだと、2時間ちょっとで琴平に到着です。

温泉街独特のさびれた様子をひしひしと感じながら、
(若干車にひかれそうになりつつ)、ホテルへ到着!
参道すぐ近くの、琴平グランドホテル桜の抄にお世話になりました。

そこで荷物を預けて、まずは、旧金毘羅大芝居[金丸座]へ。

天保六年に建てられた、重要文化財なのです。
訪れると、そこには何人かのはっぴをきたおじさんが待ち受けていて、
まずはほれほれとスリッパを薦められ、案内に混じるようせかされます。
そうして一通り説明をしていただけると、そこから先は自由見学。
気が済むまで見学が出来ます。
毎年芝居が行われているのだけど、ほとんどの場所が行き来自由。
これは結構すごい。
客席から奈落、楽屋まで一通り見たあとは、ビデオ鑑賞。
どのおじさんも愛らしいので、見学をおすすめいたします。

おなかがすいたので、次はお昼ご飯。讃岐うどんをいただきました。
『宗家 金毘羅饂飩』
オススメの金毘羅うどんを注文。
麺がシコシコしてて、食べ応えもあり、おでんもおいしかったです。

そのあとは、チェックイン時間まで参道付近のお土産やさんをうろうろ。
明日荷物にならないように、今日中にお土産を買い尽くしちゃおうってことで。
あん入りのやわらかせんべい『片目の親分』とか、気になる商品は数あれど。
結局買ってしまうのは、キティ根付と、目玉の親父根付なのだなぁ。
香川限定のレンジャー根付は、讃岐うどんでした。
果実酒と、根付、しょうゆ豆、船々せんべいをゲットです!

そして、ホテル前にある、海の科学館へ。

何でこんなとこに?と思わないでもないですが・・・
記念撮影所では、なんだか楽しい顔出し写真が取れます。
後ろの上り台が危険な感じ。お気をつけて・・・

その後はホテルで浴衣、温泉、ご飯を楽しんでおりました。
このホテルはバラ風呂があるのですよっ。
しかも露天風呂なのですよっ。
明日は朝からこんぴらさんへお参りするってことで、なんとも健全なお時間に就寝。
朝起きたら友人ズが温泉に行こうとしてたので、便乗。
朝から温泉ってなかなか心身ともにシャッキリいたしますね。

しっかり朝ごはんをいただきまして、いざ、階段のぼり〜。
目指すは紀元祭の行われる御本宮。
800段弱だったかな。意外とあっさりたどり着き。
幸福の黄色いお守りをお約束でいただきまして、いざ、紀元祭。
この辺は、実際に行っていただくのが一番かと思いますので、詳細は省くとして。
わんこちゃんがお散歩がてらやってくるのが、結構多いのね。
ポメラニアン、コーギー、フレンチブルドッグ他、なんか好戦的な大きい犬もちらほら。
階段とかしんどくないのかしら。
季節にもよるかと思いますが、朝一番に行くのが人少なくていいです。
帰りは午前11時台、上りの人いっぱいいたしね。
自分のペースをつかみづらいかもしれません。

その後、友人Yはさらに階段を上り続け、私とTはホテルで一服。
和三盆ロールケーキとお抹茶セットをいただきました。
お昼ごはんはやっぱりおうどん。
名物のしょうゆうどんをシコシコ麺でいただき、買い逃したお土産を買い、
ついに琴平ともお別れです。

琴平駅で、友人Yは御当地ピンズコンプに躍起になり、
結局3人で25個くらいピンズゲット。
私も琴平ピンズもらったし、ご満悦です。
唯一の後悔といえば、特急南風を写真に撮り忘れたことでしょうか。
| 旅行好きです。 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | |
こんぴらさんへおまいり。
とりあえず、写真から・・・
旅の詳細は、後日別記事に。

新幹線で、岡山まで行って、そこから『特急 南風』で、約一時間。
琴平駅に到着です。
駅のフォントがお洒落さ抜群。



旧金毘羅大芝居
なんと、建てられたのは、天保6年(1835)というから、びっくり。
解説してくれるおじさんがとてもステキ。



舞台裏とか、奈落なんかにも自由に見学させてくれる。
しかし、床がみしみしギシギシいうから、命がけ。
今でも毎年歌舞伎が行われているそうですよ。



2日目は朝からこんぴらさん参り。
たまたま紀元祭の行われる日でした。



一泊二日の旅もこれにておしまい。

| 旅行好きです。 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |